-- メンテナンスの必要性 -- [Back to the latest page]
 メンテナンスの必要性 

今回は、基本的且つ重要な「メンテナンスの必要性」のお話です。

自転車は、道路を走る車両であり、機械部品の集合体でもあります。

タイヤの空気圧が適切に調整されないまま、ブレーキ等が不調のまま走行すれば危険な目に遭います。

機械は使って行くうちに各部が摩耗したりガタがでたりしてきますので、注油や調整などのメンテナンスをしながら使わないとスムーズ動きません。また機械としての寿命も短くなってしまいます。

日々のメンテナンスを自分でこまめに行えば、自転車により快適に安全に乗ることができますし、見た目も綺麗に保てます。

豆知識アーカイヴに「メンテナンス(事始め)」として、基本的なメンテナンスであるタイヤの空気圧調整、チェーンへの注油、クリーニングの作業のしかたを掲載してありますから参考にしてください。

その他、ブレーキや変速機、変速レバー、ワイヤー等に定期的に注油する必要があります。また、ブレーキの効きの悪さや変速機の不調等は簡単なワイヤーの調整や各部への注油で直る場合があります。

こうしたメンテナンスを自分でやりたい、また本を見ても良く分からないと思っていらっしゃる方に、フルエンテでは「メンテナンス講習」を行っています。
自転車各部への注油方法及びケミカルの使い方、ブレーキ、変機ワイヤーの調整方法等、自転車を維持していく上で必要なメンテナンス方法を実際に作業しながら学んでいただけます。
詳細はこちら→メンテナンス講習

メンテナンスパックもあります。

講習に参加するにせよ、本で学ぶにせよ、自転車店に任せるにせよ、メンテナンスは自転車を維持していく上で基本的且つ重要なことです。


August 29, 2011