-- ハンドルの役割 -- [Back to the latest page]

 ハンドルの役割 - スポーツサイクルの場合 -

「自転車のサイズ選び」からはちょっと外れますが、今回はハンドルの役割についてのお話です。

自転車のハンドルには、大きく分けて二つの役割があります。
ひとつは、低速時にバランスを取ったり、旋回や進路変更したりする操舵(ハンドル)操作。
もう一つは、力強くペダリングする時に、上体を自転車に固定するための役割です。

ハンドルに頼って上体を支えていると、ハンドルを上手く操作出来ないので、前傾姿勢の強い設定になっている自転車に乗る場合でも、腕を突っ張って上体を支えないよう自転車の上できちんと身構えます。
下の画像を参考にイメージしてみて下さい。画像はクリックで拡大します。

  • 骨盤を立ててサドルに座り、みぞおちから曲がるように前屈します。
  • 理想はそのままハンドルから手が放せる状態です。

ハンドルに頼らないで上体を支えることが出来れば、力強くペダリングする時には、ハンドルを前後方向に引いたり押したりする反力で上体と自転車が一体になります。

坂を登る時などには、ハンドルをおヘソに向かって引き付けるようにします。
ペダリングの踏み込みにタイミングを合わせてハンドルを引き付けますが、引き付けた力で上体が動かないように注意しましょう。また、あまり重たいギヤをぐいぐい踏み込まずに、スムーズに脚が動く範囲のギヤを選択してください。

力強いペダリングを速い回転数で行う時には、ハンドルを前方に押し出すように力を加えます。
肩を後方に移動させないように、コア(お尻と腰周り)の力を使って上体を固定します。 そのようにして上体が固定されれば、スムーズに力強いペダリングを速い回転数で行うことが出来ます。

腕に頼って上体を支えないようにきちんと身構えたり、上体を固定するために意識する箇所をイメージすることはなかなか難しいかもしれませんが、ひとつひとつが上達の早道でもありますので、ぜひ頑張ってみてください。

フルエンテで行っているフィッティングでは、自転車のポジション調整を行うと共に、必要な身体の使い方や力の入れ方を直接お伝えできます。
ご予約にて承っておりますので、どうぞご利用ください。


April 22, 2010