-- フレーム素材について -- [Back to the latest page]

 フレーム素材について 

◆クロモリフレーム◆
Cr-Mo(クロモリ)フレームの良さは、路面からの振動吸収性が良くペダルの踏み心地がしなやかで疲れにくいところです。バネのような反発を持ったしなやかさなので、頑張って走るときにはフレームがしっかり支えてくれて良く進みます。
重量はアルミやカーボンのものよりありますが、自転車はペダルを廻した時にどれだけ進むかが重要で「軽いフレームの自転車=軽快に速く走れる自転車」ではありません。また、鉄を使っているので錆びますが、メンテナンス次第では他の素材より劣化は少なくなり長持ちします。
同じような価格帯で自転車を捜すのなら、クロモリフレームはとても優れています。


◆アルミフレーム◆
アルミフレームは、バネのような反発が少ないのでペダルを踏んだ感触が、「カチカチ(硬い感覚)」としているものか、「モサッ(鈍い反応)」としているかの二つに分かれます。
前者は、体力のある間は反応良く進み短時間走行には向いています。しかし疲れてくると硬くて撓(たわ)みが少ないのでペダルを廻すのが辛くなってしまいます。
後者は、フレームが支えてくれないため良く進みません。
フルアルミフレームは、路面からの振動が「響くように長く残る」ために疲れやすく特に腰が辛くなってしまうかも知れません。


◆カーボンフレーム◆
カーボンフレームの場合、グレードの高い優れたものは現時点の自転車フレームの素材としては一番良いと思います(価格も高いですが…)。
またクロモリフレームと同じくらいの価格でフルカーボンのモデルを購入することも出来ますが、この価格帯のカーボンフレームは、一番グレードの低いカーボン繊維しか使用していないことが多く、その上重量を軽く作っているのでペダルの踏み心地は「フニャフニャ、ホワンホワン(支えがないような感覚)」していてペダルを廻しても進んでくれません。
「カーボンフレームは振動吸収性が良い」と言われますが、グレードの低いカーボンフレームの場合は軟らかい乗り心地を「振動吸収性が良い」と誤解されているかも知れません。
振動吸収性については、データ上でもグレードの低いカーボンとクロモリを比べた場合クロモリのほうが優れているという結果が出ています。「全てのカーボンフレーム=振動吸収性が良い」とはなりません。実際に乗り比べてもその違いが分かるはずです。


このように、それぞれの素材に特性がありますので、それを踏まえた上で用途やお好みなどを考え合わせお選びいただくのが良いと思います。


April 04, 2011