-- DIARY September, 2010 -- [Back to the latest diary]

久しぶりに使ってみました。

先日、自分が乗るためのロードレーサーを組み上げました。

クロモリのフレームで、今では少なくなったシフトレバーの台座が付いたモデルです。
シフトレバーの台座が付いているなら、ダブルレバーを組み付けて、ブレーキレバーは以前使っていたノーマルタイプをまた使って見ようと思い立ちました。
組み上げて乗ってみると、久しぶりのダブルレバーでの変速は少し手間取りましたが、使っていくうちに手が思いだしてきました。

今までで一番のお気に入りのブレーキレバーは、握り心地が良く、久しぶりに使ってみてその良さを再認識しました。

まだ、短い時間しか走っていないので長時間様々な走りをしたら印象が変わるかもしれませんが、久しぶりのダブルレバーとお気に入りのブレーキレバーの組み合わせはなかなか良いです。


Friday September 24, 2010 9:34

手信号

昨日、家の近所で自転車に乗って手信号を出している方を見かけました(^^)p

電動アシスト自転車に乗っていたその女性は、踏切を渡ると右腕を水平に出して路地を右折して行きました。

その踏切は交通量がなかなか多く、その女性の後続にはオートバイや自動車が何台も連なっていました。何も合図を出さなければそれらの車両がその方に追い越しをかけていたでしょう。

しかし手信号を出したお陰で、追い越されることはなくすんなりと右折出来ました(*^^*)

特にロードレーサーや電動アシスト自転車など高速化してきた昨今の自転車には、車の方向指示器と同様手信号で意思表示をすることが大切になって来ます。

車道を走る時は尚更です。

自分自身の安全の為にも、是非手信号を使ってみて下さいm(__)m


Tuesday September 21, 2010 0:23

カロリーオフのスポーツドリンクについて

スポーツ自転車で中長距離を走る時は、必ずドリンクを携帯します。
スポーツドリンクを持って行くなら、吸収を早める為に2倍程度に薄めます。

それならカロリーオフを持っていったらいいんじゃない!?
普通のスポーツドリンクの大体半分程度のカロリーなんだし。

先日、そんな質問をフルエンテの中でしてみました。

答えはこんな感じでした。

-------------------------------------------------------------------
「確かにカロリーオフは従来の半分程度のカロリーになっているし、実際カロリーオフのドリンクを持ってロングライドに出掛けたことはある。」

ふ〜ん、やっぱり〜

「でも、何て言うかやはり消化に時間がかかっているような感じで、お腹がダブダブしてくるんだよね。それで止めた。だからスポーツドリンクなら通常のものを半分に薄めるよう提案しているよ」

カロリーオフなのに、なんで?

「何故なのか詳しくは分からないけど、もしかしたら人工甘味料の消化吸収に問題があるのか、普通に甘く感じる為に脳が『消化に時間をかけよ』と考えているのか、とも思う」

そうか…

今度は自分で試してみようかと思います。
新しい情報が入りましたら、お知らせいたします(*^^*)


Saturday September 18, 2010 16:34

ブレーキひとつのありがたさ

自転車で車道を走っていると、駐停車している車を避けていかなければならない時があります。

そういう場合は停車車両を追い越すため、一時的に道路の中央部分まで膨らんで走りますが、その手前で後の車両に「停車車両を追い越しますよ」という意味で手で合図をします。

先日、ちょっとした登り坂の道路でそんな状況になりました。

前方に車が停まっていたので、右手を横に出して後の車に合図をしました。
後の車がスピードを少し緩めてくれたので、すんなり追い越すことが出来ました。
元に戻る時に、譲ってくれた車に対して手をちょっと上げて挨拶します。
しばらく走るとまた停まっている車があったので、同じようにして合図をしたら後の車はスピードを緩めてくれました。
そうやって合計3回の追い越しをしました。

先を譲ってくれたのは、3台とも別の車でした。

車にとってはアクセルひとつブレーキひとつのスピード調節。そのブレーキひとつも自分がエンジンの自転車にとってはとてもありがたいものなんです(*^^*)


Thursday September 09, 2010 14:23

眠れぬ夜

あ〜、何だか眠れない…
丑三つ時にはまだ少しあるけど、もう既に草木も熟睡している様子…

眠れないので本を読もうと本棚を探してみる。

「何かいい本ないかなぁ」

本棚にある本は一通り読んでしまっているものが多いけれど、時が経ってからまた読み直すと、違った発見があったりするので面白い。

「十頁だけ読んでごらんなさい。十頁たって飽いたらこの本を捨てて下さって宜しい。」

こんなビビッドなタイトルの著者は遠藤周作氏。

海竜社から出版されている4年ほど前に見つかった遺稿。

内容は、手紙の効用のようなもの。

手紙の大切さや手紙が与えるその人の印象などが、状況別で綴られています。

なるほど、手紙を貰って嫌な思いをする人はあまりいないし、手紙を書くのに嫌なことをダイレクトには書いたりはしないなぁ。

そういった意味で手紙は程良いコミュニケーション手段なのかも。

Eメール主流の時代に、手紙をポストに投函してみたくなりました。

でも…本読む前に丑三つ時になっちゃった…

寝よ(。_ _)。zzz..


Monday September 06, 2010 02:20

ロゴを変更しました

手前みそで恐縮ですが、ご報告です(*^^*)

フルエンテのロゴが変わりました♪↓↓

から

以前はイラストレータの使い方が良く分からず四苦八苦して何とか書き上げたものでしたが、 やっと慣れて来て思うような感じのイラストが描き上がりましたので挿し替えました。

お知らせまで ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ♪

Wednesday September 01, 2010 23:59