-- DIARY February, 2010 -- [Back to the latest diary]

チューブラータイヤ

チューブラータイヤというリム(車輪)にリムセメントという接着剤で貼る事で固定するタイヤがあります。

私がロードレーサーに乗り初めた当時はレーサーと言えばチューブラータイヤを履いているのが当たり前でしたので、初めてレーサーを買った時にはお店の人にタイヤの貼り方を教えてもらいました。
その後、始めてタイヤを貼り替えることになった時のことです。リムセメントの量や乾き具合、タイヤをリムに乗せる方法なども、お店で教わりメンテナンス本なども読んでいたのですが、始めてのことなのでうまくいきません。指とタイヤサイドとリムをセメントでベタベタにしてやっと貼ることができました。

キレイに貼るには経験が必要なチューブラータイヤですが、何本か貼っていくうちに上手に貼れるようになると思います(私の場合は4本程でした)。
しかしセメントで固定するタイプのこのタイヤは、貼る人の技量に委ねられていて間違った場合には重大な事故が起きかねません。
アメリカでの訴訟を契機に急速にメーカーが採用しなくなり、近年では殆どのロードレーサーがクリンチャータイヤを採用していますのでチューブラータイヤを貼った経験のある方は少なくなっていることと思います。
一方で、グリップや乗り心地が優れているという良い点も見逃せませんが。

フルエンテではクリンチャータイヤだけでなくチューブラータイヤの貼り変えも承っております。
先日、久しぶりにチューブラータイヤを貼ることになり準備を始めました。
写真がチューブラータイヤです。これからリムセメントを塗っていないリムにタイヤを乗せて空気を入れ、タイヤを延ばしてリムに乗せ易くなるようにします。


Saturday Feb.27, 2010 14:40

モモちゃん
フルエンテには相談役がいます。
猫のモモちゃん13歳です。
スコティッシュホールドという本当は耳の折れ曲がった種類なのですが、モモちゃんの耳は立派に立ってます。
写真の通り、いつでもドッシリ(体系もどっしり)構えている大物です。
胴体と脚は短くお腹はタプタプで、走るとお腹が揺れて思った方向へ行けませんが、モモちゃん曰く
「全部思い通りにニャる人生ニャンてつまらニャい」
そうです。さすが大物は違います……
脚が悪いのですがジャンプは20cmくらい、垂直飛びは1cm出来ます(>▽<)b
高い所に上る時は壁に前足をついて後ろ足で立っていると、見つけた人がお尻を押してくれるので前足を動かしてウォールクライミングをします。なので冷蔵庫や戸棚の上などは問題なく登れます。
<( ̄^ ̄)>エッヘン
いい気になっていると足を踏み外して落ちます…( ̄▽ ̄;)
相談役の他に朝寝と昼寝と夜寝を掛け持ちするキャリアウーマンで、平均睡眠時間は16時間です。
(=^-.-^=)zzZ..
そんなモモちゃんに会った人たちはみんな「なんか元気出た♪」と言います(*^.^*)
言葉を使わないアドバイスが出来るみたいです。
モモちゃんはこのサイトの中でイラストになって活躍していますので、お時間あったら探してみてくださいニャ(=^・.・^=)/

Thursday Feb. 25, 2010 14:48

カギはかけてはいるものの…
久しぶりにマウンテンバイクを街乗りに使いました。 普段の買物等に使っているクロスバイク風ママチャリがなかったので、ロードタイヤを履いてクロスバイク仕様にしてあるマウンテンバイクで出かけることにしたのです。
各部をチェックしながらタイヤに空気を入れ、身支度を整えて
「さて出掛けますか」
「オ〜ットカギカギ」
普段使っているクロス風ママチャリには車体にカギが付いているため、ついカギを忘れるところでした。
自転車遊びに使っている自転車を街で足に使って街角に長く止めておくと不安になります。
カギをかけておいてもカギは壊せますから。
だからと言って「頑丈なカギは重いので運ぶのが大変」ということで、ワイヤーのカギを使っています。今回行ったカフェは、お店の前にスタンドで自転車を立てて置けて、全面ガラス張りなので自転車から目が離れる事はなく安心でした。
でも、何時もこんなじゃないしね〜。
あまり重くなくて小さくまとまる(お値段もお手頃だと嬉しいな)頑丈なカギってなかなかないんですよねぇ。

Sunday Feb. 21, 2010 19:30

地域の集まりで…(自転車の安全と快適利用)
昨日の土曜日、ある地域の集まりに出席しその中の一部の時間を使って『自転車の安全と快適利用』というタイトルでお話をさせていただきました。
30名ほどの男女の方々に交通の歴史から現在の自転車の道路上での位置づけ更には自転車と環境問題まで、短い時間で駆け足の説明でしたがご出席いただいた皆様にお伝えしました。
自転車とは別のテーマで開催されていた地域の会でしたが、皆さまとても熱心に耳を傾けていただき感激いたしました。
地域の集まりで他に主題があったにも関わらず、自転車の話に熱心に耳を傾けて下さり本当にありがとうございました。

現在の自転車に係る法律は道路の歴史に依るところが多く、そこを理解することによって今よりずっと快適で楽しい自転車生活を送ることが出来ます。こんなややこしい法令や条例があるのは何故なのか、それを知ってスッキリ!としてより有効に自転車を使いたいものですよね(*^^*)p

Sunday Feb. 21, 2010 17:43

日焼け止め
自転車で走っていると日焼けしませんか?
自転車で走る場所は通常でもほとんど屋外で、ツーリングともなれば一日中お日様とお友達になったりならなかったり…やっぱりなったり、ずーっとなったり…
で、気が付いたらまっ黒…だけならまだしも、体力も奪われて、もう踏まれたり蹴られたり…いえ、踏んだり蹴ったり(;^ω^A
そんな時には日焼け止め。
でも市販の日焼け止めは石油を体に塗ってる感じで好きじゃないんだなぁ(SPF50のPA+++とか書いてあって効きそうだけど)肌が被れるし…(┬┬_┬┬)
私のお勧めはごま油とシアバターを混ぜて作ったもの。これらを湯煎で溶かしたところに鎮静や冷却系のアロマオイルを数滴混ぜて、室温で固まれば出来上がりです(≧ω≦)b
ごま油は写真のような白いゴマ油を使います。いわゆるごま油の香りはしません(^^)q
柑橘系のアロマオイルは使ってません。(レモンとかグレープフルーツとか、光毒性があるのでシミになると言われてマス)
市販の日焼け止め(SPF35でPA++)を塗った人より効果があったという情報もあり、私は今のところこれで間に合ってます(*^^*)v

Thursday Feb. 18, 2010 23:59

レーサーにトリプル?
峠越えを中心に走るようになってからは、余裕を持ったギヤをセットするようになっていった私ですが、数年にわたって自身のペダリングやクランク回転数(ケイデンス)の見直しを続けた結果、かなり軽いギヤをセットするようになりました。
私の場合向かい風でも登りでも80回/分程度のクランク回転数を維持できなければ速度が遅くなってしまいます。
特に登りで高回転を維持できるようにするためにフロントにトリプルチェーンリングを採用するようになりました。
レーサーにトリプルチェーンリングを採用するのは一時期雑誌等でも話題になっていましたが、コンパクトのダブルが普通になった昨今は殆ど見かけなくなりましたね。
やはりレーサーにトリプルチェーンリングは違和感があるのでしょうか。
でも、私にとってはギヤ比だけでなく色々と良いことのあるトリプルチェーンリング。
レーサーに組み付けて愛用していきます。
ホント、使い易いんです。

Tuesday Feb. 16, 2010 21:53

苦い思い出
小学生になったばかりの頃、自転車が原因で額を4針縫うケガをしました。
家の近くの坂道を自転車で下る、という遊びを近所の子としていたのだけど、下るスピードでハンドル操作が出来なくなって、停まっている車に激突したんです…(>д<)
車の後方から屋根に転がってボンネットに落ちて地面に叩きつけられ、かけていた眼鏡のガラスが割れて…あ〜もう考えただけでも恐ろしい…(。>0<。)
車の運転手さんに抱きかかえられ家まで帰ってきたのだけど、血だらけの我が子の姿を見て母は失神寸前だったそうです。
すぐに病院に行き、治療をしてくれた先生がひとこと
「でも、目じゃなくて良かったよね〜」
本当にその通り。
自転車は近所の子と交換して乗っていたのですが、自分にとってはサイズが大きく整備不良からブレーキの効きも悪くなっていたのでした。
「怖いよ〜、整備不良とサイズ違い…」
と思ったかどうかは忘れたけど、リアルダウンヒルで負傷した子供はそれからしばらくの間はやけに慎重で几帳面になってた(家族談)らしい…┐( -"-)┌

Monday Feb. 15, 2010 23:27

ギヤが足りない……
もう十年以上前になりますが、私がロードレーサーで秩父界隈の峠越えを中心に走り始めた頃のお話です。
その頃は峠を地図で大まかに確認しては良さそうだと思ったコースを走り、1日に2ヶ所程峠を越えていました。
その日は、一人地図で確認しておいた峠を越えるべく細い道を川に沿って登って行ったのですが、もう少しで峠の手前の目標にしていた牧場に着きそうだと思っていたその時…
「え〜!」
「嘘でしょ〜!」
目の前には、その時付けていたギヤでは絶対に登れそうにない壁のような坂が出現…
しかし、戻る訳にはいかないので、等高線をろくに確認して来なかった自分を呪いつつ
「アタック!……クッ」
「あ〜、ギヤが足りない」
登り切れずにガードレールにつかまり止まってしまいました。
「ガックシ」になりながらペダルから靴を外し、レーサーを押しながら歩きにくいレーサーシューズで200m程をトボトボ歩いて登ることに…
この時の経験から、峠を登りに行く時はなるべく軽いギヤ付をけて行くようにしたことと、初めて走る峠は事前に等高線等をチェックしてから出かけるようしました。
やっぱり実力とコースに見合ったギヤが付いていることは大事なことですよね。
レーサーを押して坂を登るのは辛いですし、あの「ガックシ」感を味わいたくはないものですよね。

Saturday Feb. 13, 2010 21:23

東京都のゆうほちゃん(子供の自転車の話)
元同僚の一人娘、ゆうほちゃんです。
少し大きめだけど、子供の成長を考えるとちょうどよい感じ。乗っている姿もとてもかわいいです♪
この自転車は、その昔同じく元同僚の娘さんのお下がりをいただいたものだそうです。
子供はどんどん成長しますから、その時に合う自転車を買ってもすぐにサイズが合わなくなってしまうんですよね〜(^^;)
でもだからと言って大きすぎたり小さすぎたりする自転車に乗せないでね・゚゚・(×_×)・゚゚・。
だって、大きすぎる自転車は腕が伸びきってうまく操れないし、小さすぎる自転車はハンドルを切った時に手足が干渉してしまうので転んでしまったりするんです。
大人の方でも自分のサイズから二回りくらい違うサイズの自転車に乗ってみると、操ることの難しさを実感できると思います「(。>ω<。)
サイズを選ぶ感覚としてはお洋服を買うのと同じような感じだそうで、(*^ ^*)でも、たくさん自転車を買い換えるとお家が自転車だらけに!Σ( ̄□ ̄;)なったりして大変なので、ある程度まではゆうほちゃんのように譲ってもらったり、またはリサイクル品を探したりして乗り換えていくのはいいアイデアだなぁ、と思うのでした。
ところで成長したゆうほちゃんは、先日9歳のお誕生日についに新しい自転車を買ってもらったそうです(⌒∇⌒*)ツ。

Saturday Feb. 13, 2010 13:52

お手入れ
「安い自転車に修理費用かけるのもね…新しいの買った方がいいかな。今、安いのあるし」
自転車修理に携っていると、こんなご意見を耳にします。
シティサイクルなどは1万円台の安価な自転車がけっこう出回ってますが、こういった自転車を「安いから」という理由で購入すると、後々経年変化などで修理が必要になったとしても費用の占める割合によっては新しい自転車を買ってしまった方がいいと考えてしまうかも知れませんよね。
でも、そうするとその自転車はゴミになってしまいます。
粗大ゴミに出した後、廃棄処分するための税金は1台当たり1万円程度かかるそうです。
もったいないお化け出ますよ〜 〜m( --)m(/;°ロ°)/
サビサビ(錆び)になる前にオイルを塗ったり汚れたらお掃除したりすれば、シティサイクルだって10年くらいは軽くいけますし、見た目にもそんなに劣化しません。
交換用のパーツもいろいろあるし、ギアだって交換出来ます(一部、販売価格を抑える為に車輪と一体型になっているものもありますが…)。
安いという理由で買うより、お気に入りの一台を見つけてお手入れしながら乗ってみてはいかがでしょう。
購入時は価格が少し高くなってしまうかもしれませんが、その一台を大切に使って更にお気に入りに仕立て上げるというのはいいもんです。
メンテナンスの方法を『豆知識』のページに載せていますので参考にしてみて下さい。これからも増やしていきます。
「メンテナンスは面倒」とか「時間ないし・・・」という方々の為に、フルエンテではお得なパック料金もご用意しておりますので、是非ご利用下さいね(*^-^*)ノ

Thursday Feb. 11, 2010 20:25

お気に入り
自転車で走るために使っている物でお気に入りって多いですよね。
フレームはもちろんのこと、ハンドル、サドル、ペダルなど身体が直接触れる部品には、特にこだわりのお気に入りが多いと思います。
写真のハンドルは、3T社製のビオモルフォ初期型ですが、数有るハンドルのなかで私のお気に入りです。
使い始めた当初は、所々の造形の意味が良く掴めずにハテナマークが浮かんだりしてましたが、使い込むうちにその意味が解って来るとBIOの名の通り生体工学的に非常に良く出来たハンドルだとの思いを強くしたのでした。
写真のハンドルにはクランプ部分に切断した跡がありますが、これはクランプ部分が変形してしまうので、東京の北区にあるアマンダスポーツの千葉さんにお願いして一度切断してから変形止めの芯材を入れて接着していただいた跡です。
芯材には普通ならアルミパイプを使うところでしょうが、木材の優位性を常々表明している千葉さんは、木材を芯材に加工して強力な接着剤で接着してくれたのでした。

Thursday Feb. 11, 2010 12:00

向かい風
昨日今日と東京にはとても強い風が吹いています。
自転車に乗っている人は大変ですよね。こんな時に思い出すことがあります(*^^*;)
ついこの前のことですが、荒川CRで練習していた時のこと。走りだしてしばらくすると、もんのすごい強風(に感じた)が吹いてきました。
-----------------------------------------
ひえぇ〜!飛ばされる〜!だじけて〜!w|;゚ロ゚|w
全然前に進まないし、今日はもうおしまいだよね、帰るよねっ、ねーー(T_T)
「…て!…るくして!」
ん?なに?前を走る親方がなんか言ってるみたいだけど、風の音で聞こえないな〜
親方〜、何ですくゎ〜?帰りますか〜
「…ア軽くして!」
は?軽く?ダイエットならこないだ失敗したばっかですけど……今日帰ります〜?!
「ちが…!だから、ギア軽くしろって言ってんだよ!」
ギア軽く?… カチャッ、カチャッ …しましたけど。で、帰りま…
「それで足をくるくる回して走りんさい」
え?帰んないの?ギザギザ軽くして走るの?まだ?
これでねぇ……ん?
んん?
あらま、少しだけど進むかも♪
「風に寄りかかるようにするんだよ」
へいっ!
お!行けるかも♪
-----------------------------------------
お陰さまでその日の練習はリタイアすることなく無事終わりました(≧▽≦)ノ
強風の中では坂道のようにギアを調節し、少しだけ頑張ると知った初心者の一日でした。

Sunday Feb. 07, 2010 14:27

少しずつでも
悲しい思いを克服するのはなかなか難しいかもしれないけど、少しずつでも前に向かって行かなければならない。

Saturday Feb. 06, 2010 12:34

Special Thanks to
悲しい気持ちを持ち続けることが良いことだとは思わないし、実際にこのページはみんなで作る快適自転車ライフの為のページなのであるけれど、もう少しだけスペースを頂きお世話になった方々へのお礼とメッセージをひとつ残したいと思います。
闘病中に食事を摂らなくなってしまった時、ペットパーク世田谷店の皆様にいろいろとアドバイスしていただきました。店長さん初めスタッフの皆様ありがとうございました。
もう一匹いる猫との棲み分けが必要となりキャッツデポでキャットタワーを購入しましたが、事情を良く理解して下さり最善の方法をご提案して下さいました。ありがとうございました。
その他、励ましの言葉を贈って下さったり回復の為の方法を教えて下さった皆様、本当にありがとうございました。
現在になっても力になって下さる方、本当に感謝いたします。
亡くなってから病院の院長先生に申し入れ、病気の経過説明を受けました。事前に検査を行っていたらこんな事にはならなかったかもしれないと認めていただきました。治療費が高くなるからと言って事前検査もせず、医師の経験値だけで医療行為を行うのはおかしいと思います。我々は治療費の懸念を一言ももらしたことはないのだから。ジジのような例をもう出したくない。

Friday Feb. 05, 2010 23:32

訃報
闘病中だったフルエンテの看板猫ジジが1月31日日曜日の夜、治療先の病院で亡くなりました。
その日突然状態が悪化し脳死状態に陥ったジジは、救命措置の為の酸素吸入器を外されるとフルエンテスタッフや家族に見守られながら静かに息を引き取った。
翌日、世田谷区の大蔵動物霊園で葬儀を行い、後日地下にある納骨堂に個別納骨する予定です。
享年13歳
この年齢を老猫と見るかまだまだと見るかは人それぞれだと思う。しかしついこの間までアレルギーはあるが元気そのものでその治療も開始したばかりだったのに、突然倒れてちょうど1ヶ月半で逝ってしまった。その間多少の回復は見られたが傾向としてはかなりのスピードで状態は悪化していた。あんなに元気だったのに何故という疑問だけが残る。悲しいというより悔しい。
物言わぬ動物であるけれど、13年も一緒にいれば家族と同じ絆が生まれる。
ジジの生きた証しを残してやりたいと思います。

Tuesday Feb. 02, 2010 22:31